熱帯魚飼育について詳しく解説! 熱帯魚の飼育方法。

熱帯魚の飼育方法

熱帯魚の飼育方法HOME 熱帯魚を買う 熱帯魚を飼うための準備 熱帯魚を飼う

熱帯魚の病気と予防法

病気になる理由

熱帯魚を飼っていると一回は熱帯魚の病気と遭遇してしまう事があると思います。熱帯魚が病気なるのには訳があります。初めて熱帯魚の飼育をする人は水槽の水を安定させる事になれていない事もあって、病気になり易い状況にしてしまっているかもしれません。

・水質
 
その熱帯魚にあっていない水質だと病気になり易いです。弱酸性を好む熱帯魚をアルカリ性の水で飼育してると病気になってしまいやすいです。また反対に弱アルカリ性を好む熱帯魚を酸性の水で飼育する事も病気の原因になります。
また硬度もその熱帯魚に合ってないと病気の原因になってしまいます。

・温度
 
水温が極端に低い場合も高い場合も病気の原因になります。急激な温度の変化も熱帯魚にはあまり良くないです。

・水の汚れ
 
エサの食べ残し、熱帯魚の死骸なども水質を悪くする原因なので、水質を悪化させてしまい病気の原因になってしまいます。

・新しい熱帯魚
  ショップで買ってきた熱帯魚、または知り合いから譲り受けたりした熱帯魚が病気だった場合、自分の水槽に入れてしまうと他の熱帯魚も病気になってしまう可能性があります。
それらを買わない、貰わないように、病気の熱帯魚を認識できる知識を学んでおきましょう。

・外部的要因
  自然の川などから拾ってきた石、水草など細菌が付いてた場合、熱帯魚に感染してしまうと病気になってしまいます。なるべく外で採取しない方がいいのですが、採取した場合は良く洗ってから、別の容器に入れでしばらく様子を見てから水槽に入れる事をおすすめします。


他にも、水槽の近くで殺虫剤やバルサンの様なものを使用すると死んでしまう可能性があります。

 

病気の見分け方

・エサの食いつきが悪い
  これは日々のエサの時間で判断できるますが、いつもと様子が違いエサを食べない時または、直ぐに吐き出してしまう場合、病気の可能性があります。

・動きがおかしい
  普段のスイスイ泳ぐ姿と違い、今にも横に倒れそうな感じ、フラフラしてるような時、大暴れしてる時、この場合も病気の可能性があります。

・色彩がおかしい
  鮮やかな色をしてる熱帯魚が、白っぽくなったり、または、背びれ、尾ひれがしなしなしている時も病気の可能性があります。

どれも日々の観察で何となく解るものだと思います。何か変だなと思った時は、水温、水質、などチェックしてみてください。

 

recommend

町田の全身脱毛を探す
Copyright(c) 熱帯魚の飼育方法.All rights reserved.